【由布院散策には外せない!】随一の観光スポット金鱗湖

金鱗湖1A.jpg


由布院とその周辺には様々なお立ち寄りスポットはありますが、今日は、由布院観光においてこれだけは絶対に外せないでしょ!という人気スポット・金鱗湖のご紹介をして行きたいと思います。



大分川の源流の一つにあたるこの湖は、面積0.8ヘクタール、周囲400メートル、水深約2メートル。

清水とともに周辺は深い緑に覆われ、目に鮮やかな新緑や真っ赤に燃えるような紅葉など、四季を通じて様々な顔を見せてくれては訪れる者全てを楽しませてくれます。


金鱗湖湖畔A.jpg

金鱗湖新緑A.jpg

金鱗湖3A.jpg


湖には水鳥やフナ、コイ、ハヤ等が生息しており、この池付近の水路には、絶滅危惧I類(環境省レッドリスト)に指定されている貝類のオンセンミズゴマツボも生息し、他の生き物にとっても最高の自然環境になっているようです。

これら全てのロケーションをバックに、湖を眺めながらランチが楽しめる店、素敵なティータイムが出来る店、美術館などが点在するため、観光客には更に魅力的なスポットとなっています。

また、この湖の最も魅力的な特徴は、秋から冬にかけて見ることが出来る湖面から発生する朝霧。


金鱗湖朝霧2A.jpg

由布院朝霧A.jpg


この湖、実は湖底から温泉が湧き出る不思議な湖で、外気温がグッと冷え込む時期にその温度差により発生。由布院名物の朝霧も、この金鱗湖の朝霧が源となっているという説も。

時期的にはちょうどこれからが朝霧の見頃に突入して行くところなので、湖面から発生する幻想的かつ感動的な朝霧を是非見て頂きたいところです。

最後に金鱗湖という名の由来についても少し触れておきますね。

この湖は、由布岳の麓にあることからかつて「岳下(たけもと)の池」、「岳ん下ん池」と呼ばれていましたが、1884年(明治17年)に儒学者の毛利空桑(もうりくうそう)が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたのが起源だと言われています。

また、由布院盆地は古くは大きな湖であり(由布院の街は元々湖の底だった)、金鱗湖はその名残であるとの伝説も残っています。

同エリア内・うなぎ姫(宇奈岐日女)神社の「蹴裂伝説」に合わせて、この湖のほとりに鎮座する「天祖神社」が深く金鱗湖に関わっていると言われているわけですが、このお話については次回に続編として掲載したいと思います。

由布院に行ったことがある方なら、金鱗湖にも恐らく立ち寄っておられると思うのですが、色んな金鱗湖にまつわる歴史や伝説を知ると、また違った見え方がするかもですね。

次回をお楽しみに♪


金鱗湖鳥居A.jpg

posted by aki at 08:18 | 由布院・観光情報